top of page
​会 社 案 内
ご挨拶
 

弊社は「次世代へつなぐべき地球環境を守る」ための技術開発に邁進し、資源のリサイクルはもちろん、廃棄物をアップサイクルするソリューションサービスを研究し環境関連の課題解決に取り組んでおります。

省電力の「スターリングエンジン」による極冷をはじめ、有機物全般を燃やさず磁気熱分解で減容(1/200~1/400)する「メディコスト(MG22Eh装置)」との組み合わせで発生した熱がエネルギーに転換し発電を可能とします。これらはエコでクリーンな循環を実現させるSDG’sにも貢献しています。

地球環境保護と経済性の両面を解決できる自然冷媒ガス部門では温室効果ガスの大幅削減に貢献する「ハイチル自然冷媒ガス」の卸販売を実施。この自然冷媒ガスは既存の空調設備に充填するだけで、機器の長寿命化や大幅節電効果が立証されています。地球環境保護の観点から今世界の流れは自然冷媒へと向かっています。

「過熱水蒸気、破砕、乳化分散技術」により従来破棄処分していた物質をアップサイクルすることが可能となり、ナノテクノロジーと冷凍技術を融合させる「ナノ・コールド研究部門」では専門分野に精通したエンジニアによるソリューション開発をしています。

これからも弊社の取り組みに対してご支援を賜りますようお願い申し上げます。​ 


​                            代表取締役社長 山田 耕士

 商号:スターリングエンジン・ジャパン 株式会社

 英文: Stirling Engine Japan Ltd.

 HP : https://www.stirlingjapan.com/

 設立  : 2016年5月17日

 資本金:57,800,000円

 住所 : 東京都墨田区太平1丁目20-7太平町ビル501

​        

 電話:03-5637-8870

 業務内容:

スターリングエンジンの開発・製造、ソリューション開発、メディコスト(有機物磁気熱分解  エネルギー変換装置)の販売元、アップサイクル事業。

​主要メンバー
​代表取締役  山田 耕士
CHENG Yi Feng Ian
会長
カナダ国籍
​取締役会長  Ian Cheng(カナダ国籍) 
    
執行役員   高橋 則夫
​CFO    山田 裕亮
      公認会計士
相談役   堀内 道夫
​      ㈱光と風の研究所 代表取締役
技術顧問  于 宏国
ナノ・コールド研究部門

主席研究員 内藤 富久(㈱思考館代表)

自然冷媒ガス部門

Hychill事業 エグゼクティブ エンジニア  奈良 和彦

​      

関係団体・協力学術機関

スターリングエンジン普及協会

芝浦工業大学 工学部  

静岡大学浜松キャンパス

一般社団法人日本自然冷媒研究開発機構    

山田 耕士
代表取締役社長
​会 社 の 沿 革
箕野 進
取締役
山田 裕亮
CFO(公認会計士)
堀内 道夫
技術顧問
(静岡大学客員教授)

2016年5月 

スターリングエンジン・ジャパン合同会社 資本金990万円で設立。日本におけるスターリングエンジンのマーケティング調査を開始。 

2018年 6月 

マーケティング調査を終え、日本での営業展開を決定。合同会社を株式会社に変更

     

2018年10月 

資本金の増資、1,990万円とする

​2018年11月 

China Stirling Engine Manufacturing Ltd.と日本及び東南アジアでのGSA契約を締結​​

2019年12月 

資本金の増資、3,880万円とする

2020年12月 

資本金の増資、5,780万円とする

2021年5月 

本店移転 東京都墨田区太平1丁目20-7太平町ビル501へ

2023年1月

​ナノ・コールド研究部門を設立

​田島 聡
​IT事業顧問
(ロジスティックス)
顧問弁護士
黒須 雅大​
東京総合法律事務所
bottom of page